こんな場所でも熱中症!?意外な所でも起こる熱中症ケースまとめ

f:id:Mrwhite:20190620233517j:plain

どうも!!

皆さん熱中症になったことあるよっていう方いますでしょうか?

 

 

かかったことないぜ!ずっと運動して鍛えてきたから余裕だぜ!

 

僕自身こんな感じだったんですけど、去年なりかけました汗

ほんと、油断していたら大変なことになります。

 

今回は、そんな熱中症に関して

 

え!?!?!?こんなところでも熱中症になるの!?

 

というケースをまとめてご紹介していきたいと思います。

 

 室内で熱中症ケース

f:id:Mrwhite:20190620233417j:plain

熱中症って、ものすごい暑い日で外にいたらなるっていうイメージがあったのですが、実は室内でも熱中症になるケースがあるんです。

条件としては

  • 湿度、温度がこもりやすい
  • 風通しが悪い

です。お風呂場等熱がこもりやすい場所での作業は長時間せず、こまめに休憩・水分補給を取りながら作業をしていく必要があります。

プールで熱中症になるケース

f:id:Mrwhite:20190620233429j:plain

プールって常に水に接しているから熱中症とは無縁のような気がしていたのですが、意外と、プール場での熱中症事例はたくさんあります。屋外はもちろん、室内プールでもです。

プールで熱中症になりやすい条件として

  • 水温が高い
  • 水分を取らない
  • 体温が下がりにくくなる

です。キンキンに冷えたプールって想像できますか?意外とプールってぬるま湯で、夏場とか少し熱いという印象があります。水温が高い中、水分も取れない状況で何時間も泳いでいたら身体は持ちません。水分補給はかならず細目にとる必要があります。

また体温が下がりにくくなるというのも、重要なポイントです。

プールに入ると身体が冷えると思われがちですが、実は逆に体内に熱がこもりやすくなってしまうのです。そんな中、プールで泳ぎまくっていたら、運動によって作り続けられる熱が、体内にどんどんたまっていきますよね。なので、長時間の泳ぎは危険ですので、細目に休憩しましょう。

車の中で熱中症ケース

f:id:Mrwhite:20190620233445j:plain

車の中での熱中症は結構ポピュラーかなとは思うのですが、もう少し結構ヤバいんだという事を認識した方がいいです。

運転中であれば、エアコンが効いているので熱中症になることはないと思うのですが、真夏の炎天下であれば、エンジンを切ったとたん車内の温度は急速に上がり、あっという間に50℃以上に上昇します。

50℃ですよ??

ちょっと買い物に行くだけだから子供を車内に残しておくからの熱中症・・・

場合によっては命を落とすことだって十分考えられます。

個人的には子供を車内に残すといった行為は考えられないのですが、、、

まとめ

f:id:Mrwhite:20190620233459p:plain

地球温暖化の関係で、どんどん気温は上がってきています。

夏になると連日のように報道される高温注意のアナウンス。

それでも減らない熱中症患者。

きっとなにかしらの対策はしているのだと思うのですが、それでも身体がついていっていないのが現状です。

僕にはもうすぐ2歳になる娘がいるのですが、小さい子供が熱中症にかかり重体になってしまうと、後遺症が残っていしまう可能性だってあります。

  • 細目な水分補給
  • 細目な休憩
  • 長時間の外出は避ける
  • 日差しが直接当たらないようにする

等々。できる限りの対策をやっていきましょう。

 

夏本番を控えたこの時期だからこそ、身体が高温に慣れていないため、温度調整が上手くできず、熱中症にかかってしまう可能性が十分にあります。

 

少しでも、身体に違和感があるのなら休みましょう!

では^^