mrwhite

素敵な毎日を

子供にオススメのパズルと収納テクニックをご紹介

f:id:Mrwhite:20191127233616j:plain

本記事はこんな人にオススメ★

  • 小さな子供がいる
  • 子供がパズルに興味を示している
  • パズルの収納で困っている

 

どうもmrwhiteです^^

今回は私の娘が最近熱中しているパズルについて、お話ししていきたいなと思います。

それに合わせて、パズルの収納テクニックについてもご紹介していきます!

 

子供がパズルをすることは、いいことだらけ!

パズルは一つ一つのピースを合わせながら完成させていくので、パーツの形や位置など覚えながら作る必要がありますよね。

つまり、パズルをすることで実は頭の運動もしており、記憶力・観察力の力を育むことができると考えられています。

パズルってすごいじゃん!!

 また、パズルをこなしていくことで手先が器用になるとも言われています。

私の娘も、最初はピースとピースを上手く合わせる事が出来なかったのですが、今では手先を器用に使い、パズルを完成させることができるまで上達しました!!

パズルの選び方は子供の年齢に合ったものを選ぼう!

賢い子供に育てたいから難易度高めのパズルをプレゼントしようかな!

 このような考え方はNG!

あまりにハードルの高いパズルを与えたところで、できませんので、パズル=楽しくないおもちゃと認識されてしまう可能性があります。

無理に難しいパズルをさせるのではなく、子供の年齢に合ったパズルを選びましょう!

そもそも子供に合ったパズルってなに??

パズルには対象年齢が書いてあるので、それで確認するのも良いですが、そもそもパズルにはいくつか種類があるのをご存じですか?子供向けのパズルを大まかに分類すると

  • 型はめパズル
  • 板パズル(ジグソーパズル)
  • キューブパズル

この三つが子供向けパズルの定番になってきます。

型はめパズルの特徴

ピースの数も少ないので、難易度も低く、小さな子供に適しているパズルとなっています。

立体的なパーツや、ボックス型の側面の穴に同じ形のパーツをはめ込むタイプの物などあり、可愛らしいデザインの物や口に加えても大丈夫な物など様々な型はめパズルがあります。

 板パズル(ジクソーパズル)の特徴

板パズル(ジクソーパズル)は、雲形ピースやシルエットピースとも言われているような大きなピースから、私たちがパズルと言われて連想するような小さなピースのパズルまで、板にピースをはめていくのが特徴的なのが板パズル(ジクソーパズル)です。

年齢に合わせて難易度が分かれています。

慣れてきたら、子供に合わせてステップアップしていくことで、記憶力・観察力の向上が期待できます。

しかし、あくまで子供の年齢・成長に合わせたパズルを選びましょう!

キューブパズル

6面の立体にそれぞれ絵柄が書かれており、立体と立体を重ね合わせて一つの絵を完成させるパズルです。

6面に絵柄が書いてあるので、6パターンの絵が楽しめるので、得した気分になります(笑)

個人的にオススメしたいパズル

型はめパズル

板パズル(ジクソーパズル)

キューブパズル

パズルの収納テクニック

パズルと言っても、板パズルに限るかもしれませんが、収納のテクニックをご紹介したいと思います。

パズルって、買ったはいいものの収納に困りますよね。

なんども崩しては作るの繰り返しなので、片付ける時はいつもピースをばらして箱などにしまっていたのですが、しょっちゅうピースが一つ二つ紛失し、探すのが一苦労。そんな、紛失を防ぐ為の収納方法なのですが、用意する物は100均などでも売っている、ビニールネットケース。大きさはB4です。

f:id:Mrwhite:20191127230456j:plain

このビニールネットケースに、パズルがぴったり入るのです。

f:id:Mrwhite:20191127230526j:plain

↑こんな感じで収納できます

透明なので、中がどんなパズルだったか開かなくても一目で確認ができるし、持ち運びが楽&収納スペースにも幅を取らないので、簡単に収納することができます!

パズルの収納に困っている方がいましたら、ぜひ試してみてください!

 まとめ

 今回は子供にオススメのパズルと収納テクニックについてお話していきました!

パズルを選ぶうえで大事なことは、年齢や成長に合ったパズルを選ぶことです。

子供の成長はすさまじいので、昨日できなかった事も今日になるとサクッとできたりします。

パズルは子供の発達に繋がるので、プレゼントにも良いかもしれませんね。

では^^