【クーラーのつけすぎで身体がだるい】解消法と予防策まとめ

どうも!!

ムシムシする暑さが続いてついついクーラーつけっぱなしにしちゃいますよね。

 

最近つくづく思うのですが、クーラーをつけっぱなしにした日なんかすこぶる身体がだるく感じるのです汗

 

そのような経験ありませんか??

 

今回はクーラーのつけすぎによる身体のだるさを解消する方法をご紹介していきたいと思います!

 

 なぜクーラーのつけすぎで身体がだるくなるのか

f:id:Mrwhite:20190702214610p:plain

なぜクーラーのつけすぎで身体がだるくなるのか。

ズバリ、身体が冷気に触れすぎているからです。

 

そりゃそうだ。笑

 

だるさを覚える仕組みとして

 

寝ている時に身体を休めるため体温は下がります

また、寝ている時に汗などをかき体温調節を行なっています

 

しかし、必要以上に冷気に触れることで体温はもっと下りますし、汗をかくこともできないので身体の中に熱がこもってしまいます

 

結果として、 体温調節がうまく行えなくなることで、だるさや冷え、他にも様々な障害を起こしてしまうのです。

クーラーのつけすぎは身体に良くない?

クーラーのかかった部屋にずっと滞在することで、低体温になり免疫が落ちることでさまざまな病気にかかりやすくなります。

 

さらに、慢性化していくと脳梗塞や心臓疾患の危険性が約2倍にまで高まってしまうというデータもあります。

 

恐ろしいですね。

 

このことから分かるように、クーラーのつけすぎは身体には良くありません。

 

身体のだるさ、解消法&予防策

f:id:Mrwhite:20190702213849j:plain

しかし、いざ気づいてみると24時間クーラーの中で涼んでました!なんてことたくさんありますよね。

結果、身体がだるくなってしんどい・・という落ちばかりです。

 

では、実際に体がだるくなった場合、どうしたら解消されるかご紹介していきたいと思います。

運動や入浴で血流の改善をしよう

f:id:Mrwhite:20190702214024j:plain

夏はついシャワーだけで済ませてしまうという方もおられると思いますが、冷えからくるだるさを解消するためには、温まることが大事になってきますので、湯船につかるようにしましょう。

また、冷えを最も感じやすいのは足先です。

エアコンの冷気が床底にたまること・心臓から遠いため血流の流れが悪いことが理由です。

仕事中でも1時間に1度は席から立ち上がったりし、足先の血流の流れを改善させましょう。

食事は身体を温めてくれるものを食べるよう心掛けよう

f:id:Mrwhite:20190702214230j:plain

夏といえばアイスのような冷たい物!!ですが、身体の芯まで温まってない状態でアイスを食べてしまうと、よりだるさが増してしまします。

少し汗ばむくらいの温かい物を食べることをお勧めします。

また、身体を温める食べ物「温性食物」と言いますが、この温性食物の代表がショウガ・ネギ・ニンニク・玉ねぎ・チーズなどです。

香辛料も似たような効果があります。

身体がだるい時は積極的にこの温性食物を摂っていきましょう。

腹巻を活用してみよう

f:id:Mrwhite:20190702214434j:plain

実は、腹部を温めると全身の温度も上昇しやすいというデータがあります。

腹巻は腰の冷えも防ぐので、腰痛の予防にもなります。

ぜひ活用しましょう。

お母さんが寝る時に

お腹だけは布団かけて寝なさいね。

といった理由がようやく分かりましたね。(笑)

 

続いて予防策をご紹介していきたいと思います。

まとめると

  • 暑い時以外はなるべくクーラーをしようしない
  • 外気温と室内気温の温度差はできるだけ5度以内にするよう心掛ける
  • 時々外に出る
  • 冷たい物ばかり食べない・飲まない
  • 湯船につかる

になります。

 

まとめ

f:id:Mrwhite:20190702214905j:plain

クーラーの中で生活しすぎてしまうと様々なリスクがあります。

僕自身、クーラーからくる体のだるさをしょっちゅう感じています。

まだまだ夏本番じゃないのに大丈夫かな・・と思っている方はきっと僕だけじゃないのではないでしょうか。

 

しかし、クーラーを我慢すると熱中症のリスクが生じてくる・・

なかなか難しいですよね。

 

無理ではない範囲で自分なりに予防し調整していきましょう!

 

では^^